「アクティオの森」のご紹介

株式会社アクティオが行う森林整備活動「アクティオの森」について活動内容をご紹介します。

アクティオは森を育てています

弊社では2009年9月、国連気候変動サミットで表明されました
「温室効果ガス排出量を2020年までに1990年比で25%削減」のために、「やまなし森づくりコミッション」の活動に賛同し、森林整備活動を支援し参加しています。この「アクティオの森」は山梨県笛吹市御坂町の檜峰神社の荘厳な森林内に位置しておりますので、景観保全の視点からも皆伐は行わずに、間伐・植林を繰り返すことにより森林を管理していきます。

ページ先頭へ戻る

アクティオは「やまなし森づくりコミッション」活動に賛同しています

アクティオの森

  • 温室効果ガスによる地球の温暖化、人口問題と水資源の確保などのグローバルな課題に対して、森林の果たす役割は大変大きなものがあります。
  • しかし、森林の整備活動はローカルに行われるものです。地球温暖化防止、水資源のかん養をはじめとした森林の多面的機能を発揮するための森づくり活動には、様々な主体が森林や山村地域と関わりを持ちながら参加していくことが大切です。
  • 「やまなし森づくりコミッション」は、森づくり活動に協力していただける企業と、森林所有者、市町村、森林組合などの林業事業体やボランティア団体の橋渡し役となり、地域と一体となった森づくり活動をサポートします。
  • こうした取り組みは、社会共有の財産としての森林を健全な姿で次の世代に引き継いでいくことに役立ちます。
CIMG1521.JPG CIMG5923.JPG

ページ先頭へ戻る

このページの上へ戻る