i-Constructionのご案内

設計データ作成-三次元設計データの作成-

3次元設計データについて

i-Constructionでは、将来的には契約図書の三次元化が検討されていますが、当面は、これまで通り紙図面の2次元設計で実施されます。
施工者が、2次元設計図書から3次元データを作成することになります。

iconstr_aktio_design_img01.gif

三次元設計データ作成方法は二種類

平面・縦断線形、横断形状など、設計情報を数値化して入力し、3次元データを作成する“線形データ”

iconstr_aktio_design_img02.gif

三次元座標を有する三角形の面の集合で構成された面データ“TINデータ”

iconstr_aktio_design_img03.gif

施工量算出

設計の段階ではソフトウェア上で、三次元計測(写真測量)の結果と2次元の設計図面から作成した、3次元設計データとの差分から施工量を算出します。

iconstr_aktio_design_img04.jpg

こちらはビジネスセンターという土木に特化したソフトで、三次元設計データや三次元測量データ、CADデータや、座標データを取り込むことが可能です。
ニコントリンブルから無償で提供されており、一部の機能は有償ライセンスが必要になります。

iconstr_aktio_design_img05.jpg

こちらの測量データはドローンで写真測量を行い、データ解析後の点群ととりこんでいます。

点群を面データに変換。こちらは高低差を色で表現しています。

地形データにかぶさって来たのはICT建機に搭載されている設計データです。
こちらも高低差を色で表示しています。
このように3Dビューアーで確認できるほか、設計と観測した3次元データは重ね合わせることで、切り盛りの可視化、平面、断面などで図面データ出力も可能です。
住民説明会・発注者との打ち合わせや新規入場者教育などの現場説明に活用することが出来ます。
重ねたデータから概算土量の算出も可能です。

断面表示(A-1~A-2スライス表示)

任意の場所で断面図表示も可能です。

iconstr_aktio_design_img06.jpg

このページの上へ戻る