i-Constructionのご案内

起工測量-三次元起工測量-

三次元起工測量においては

1から3のいずれかの手法で、短時間で安全に、現況を3次元で測量できます。
中央の地形データはUAVで写真計測した3次元測量データ(現況)をPCのビューアーソフトで表示しています。

iconstr_aktio_survey_img01.jpg

1 空中写真測量(無人航空機)による出来形管理技術(土工)

iconstr_aktio_survey_img02.jpg

こちらが実際に写真測量を行っている様子です。
業務用の機体を採用しており安定したフライトが可能です。

フライト中には地上にモニターを置き、飛行ルートをリアルタイムで確認できます。

おろす際には安全を確保するため、手動で行います。

空中写真測量とは

空中から写真を撮り、PCで写真解析することで三次元地形を作成できる手法です。
まず撮影するエリアには、事前に杭を打ちTSで計測をしXYZ座標を与えます。
その上に対空標識と呼ばれる黒と白の標識を、地面に設置。

この作業は後に写真解析をする際、写真に写ったこの標識で位置合わせを行います。

iconstr_aktio_survey_img03.jpg

対空標識の設置後、UAVなどで撮影を実施します。

UAVがルートにあわせてとってきた写真を、PCに取り込みます。

iconstr_aktio_survey_img04.jpg

こちらが実際にUAVが撮影した写真を2枚抜粋しています、PC上で対空標識の中心に座標を与えていきます。

iconstr_aktio_survey_img05.jpg

先ほどの作業をすべての写真に行うことで、三次元地形データを作成することができます。
こちらは写真解析後、点群データ化し、ビューアソフトに取り込んでいる様子です。
いくつか白い点が見えるのは、対空標識です。

iconstr_aktio_survey_img06.jpg

また事前に設置する点は、標定点と検証点の二種類設置が必要です。

このように設置に関するルールが決められております。

iconstr_aktio_survey_img07.jpg

標定点は写真の位置合わせに使用します。

検証点は三次元化したデータの誤差を確認するために使用します。
工事基準点から測量した2点間距離とPC上で計算した2点間の距離を比較してここに示す誤差範囲なら良しとされます。

iconstr_aktio_survey_img08.jpg

2 レーザースキャナーによる出来形管理技術(土工)

レーザスキャナとは地面に三脚を設置するタイプが主流で、レーザーを照射し、直接レーザーが届く範囲を計測します。

特徴としては高密度に計測が可能です。
レーザーが届く範囲を計測し、不要な部分はPCで除去します。

iconstr_aktio_survey_img09.jpg

3 その他の3次元計測技術による出来形管理技術(土工)

1、2以外で現場の状況によってご提案させて頂きます。

iconstr_aktio_survey_img10.jpg

UAVワークフロー

iconstr_aktio_survey_img11.jpg

UAV3次元測量(現況)をするためのワークフローです。
フライト申請や事前に対空標識の設置など作業がありますが、作業計画から解析処理まで全て当社で行います。
お客様にはUAVで測量した3次元データ(現況)の状態でお渡しいたします。
業務提携した専門の業者が行いますので、安心してお任せください。
また、フライトの申請はこちらで行いますが航空局への申請が必要な場合は時間を要することがありますのでご注意ください。

このページの上へ戻る