i-Constructionのご案内

UAVによる測量のご紹介

建築現場の未来へテイクオフ!フレキシブル3次元計測

iconstr_uav_img01.jpg

国土交通省は、より革命的な建設生産システムを構築するため、測量・設計から施工、管理にいたる全プロセスにおいてICT(情報通信技術)を取り入れる『i‐Construction』構想を策定、2016年度より導入していくことを発表しました。
アクティオではその構想に対応、建設現場のICT化を支援するべく、(株)ニコン・トリンブル社と国際航業(株)の3社で、UAV(ドローン等)による3次元計測業務を提供する体制を構築しました。

※UAVとはUnmanned Air Vehicleの略で無人航空機のこと。

iconstr_uav_img02.jpg
3次元計測
iconstr_uav_img03.jpg
土量算出画面
iconstr_uav_img04.jpg
切り盛り土量画面
iconstr_uav_img05.jpg
UAV(ドローン等)による空撮写真

UAV(ドローン等)による写真測量等で短時間に高密度な3次元計測を実現!

UAV(ドローン等)による3次元計測とは、カメラを搭載したUAVで現場を空撮し、解析。
3次元地形データを作成するもので、短時間で広範囲をカバーでき、作業員では現場調査が困難だった高所や危険地域の計測も可能となります。
アクティオが提供するサービスは、その空撮画像から、コンピュータで周辺の歪みを補正した真上から見た画像(オルソ画像)を生成したり、建設現場の3次元モデルや概算土量算出などとなり、設計(施工計画)から施工、竣工に至る業務の効率化に貢献します。
さらに本サービスでは、UAVによる計測だけでなく、より広いエリアの測量に適した航空機によるレーザー測定、人工衛星を利用するGNSS測量、車で走りながら3D測量を行うMMS測量の4種類の3次元計測をラインアップ。
プロジェクトの規模や場所、内容に応じて最も適した3次元計測方法がフレキシブルに選択可能。
より効率的な工事をサポートします。
また3次元計測時には、同時に現況写真とVTR映像撮影も実施でき、様々な業務への活用もサポートします。

このページの上へ戻る