「IDENTITY」AKTIOとは「創造と革新」で市場を切り拓く「IDENTITY」AKTIOとは「創造と革新」で市場を切り拓く

1967年に設立したアクティオは、
建設機械レンタルの
リーディングカンパニーとして
サービスを拡大し、
提案の幅を広げてきました。

  • POINT1 提案のあるレンタル、「レンサルティング®」POINT1 提案のあるレンタル、「レンサルティング®」
  • POINT2 現場に新たな価値をもたらす、「創造と革新」のDNAPOINT2 現場に新たな価値をもたらす、「創造と革新」のDNA
  • POINT3 アクティオが持つ、3つの強みPOINT3 アクティオが持つ、3つの強み

POINT1 提案のあるレンタル、「レンサルティング®」POINT1 提案のあるレンタル、「レンサルティング®」

オフィスビルやマンションの建築、道路やトンネル工事など、全国各地の建設現場で使用される、さまざまな建設機械。実はその多くはアクティオのようなレンタル会社から貸し出されています。そのため、建設現場がある限り、建機レンタルの需要がなくなることはありません。

しかし昨今、建設機械の多様化や技術・工法の進歩、レンタル事業を行う企業の増加に伴い、単に機械を貸し出すだけでは勝ち残っていけない時代になりました。そこでアクティオでは、現場の環境や状況、工程に合わせて最適な機械を提案するという、コンサルティングを伴ったレンタル「レンサルティング®」を提供しています。豊富な実績に基づく知見・技術力を活かして、最適な機械の手配はもちろん、メーカーとの共同開発により独自の機械を提案するなど、お客様の高度なニーズにお応えしています。

提案のあるレンタル、「レンサルティング®」

POINT2 現場に新たな価値をもたらす、「創造と革新」のDNAPOINT2 現場に新たな価値をもたらす、「創造と革新」のDNA

アクティオの歴史は、建設現場に欠かせない「水中ポンプ」のレンタルから始まりました。まだ建設機械をレンタルするという習慣がない時代から、“所有するより借りること”の効率性やコスト軽減といったメリットに目を向け、1967年、水中ポンプを中心にレンタル事業をスタートさせました。以降、建機レンタルのパイオニアとして市場を開拓し、現在もなお業界を牽引し続けています。

積極的に(Active)ノウハウ(Know how)と技術(Technology)を活かし、多様な建機を集積した(Integrated)集団(Organization)として――アクティオは社訓である「創造と革新」を脈々と受け継ぎながら、次の時代を見据えて建設現場をサポートしていきます。

創業当時の水中ポンプ創業当時の水中ポンプ

POINT3 アクティオが持つ、3つの強みPOINT3 アクティオが持つ、3つの強み

これからの時代、建設現場における建機レンタルの重要性はますます高まっていくものと考えられます。こうしたなかアクティオは、建機レンタル業界のリーディングカンパニーとして知見と技術力を蓄積するとともに、約3.5万点に及ぶ商品ラインナップと、グループで国内・海外550以上の事業所ネットワークを活かしスピーディかつきめ細かなサービスをお客様に提供しています。

今後はこうした強みにさらに磨きをかけ、アクティオのブランド力を確固たるものにしていくとともに、プラントや電源設備、鉄道といった建設以外の分野にも積極的に事業展開し総合力を高めていきます。また、経済発展の著しい東南アジアを中心に新拠点を設立し、海外戦略も強化していきます。

建機レンタル業界売上高No.1。グループ全体で国内・海外550拠点。多領域に渡るアイテム数約3.5万点。

ページの先頭へページの先頭へ