「営業」レンサルティング®という武器を活かし、お客様の状況に応じて適確な提案ができる営業マンを目指しています。「営業」レンサルティング®という武器を活かし、お客様の状況に応じて適確な提案ができる営業マンを目指しています。

東京支店 東京営業所

玉井 貴大
2015年入社 経済学部卒

スケールの大きなモノづくりに携われる魅力

小学校から大学まで野球に打ち込んできたこともあり、目標に向かって全員が力を合わせる“チームプレイ”の大切さを身に染みて感じてきました。また、子供の頃から人見知りしない性格で、人と話すのが大好きだったため、社会に出てもいろいろな人と関わることができる仕事がしたいと考え、営業職を志望しました。さまざまな業種業界の中で建機レンタルに注目したのは、自分のような文系出身者でも土木・建設というスケールの大きなモノづくりに関わることができるからです。複数の建機レンタル会社を回ったのですが、アクティオの会社説明会で東日本大震災後の復興活動の映像を見て大きな感銘を受けました。「こういった社会に役立つ会社で働いてみたい」と考え、志望を固めました。

スケールの大きなモノづくりに携われる魅力

熱意と提案が評価され大型案件での一括受注に成功

入社後は、東京支店 東京営業所に配属され、墨田区や江戸川区、江東区の一部などのエリアを担当しています。私たち営業の仕事は、エリアで計画中・進行中の工事の情報を収集し、建設会社や施工現場を訪ねることから始まります。そして、工事に必要な各種機械の発注権限を持つ担当者にアプローチし、機械のレンタル提案を行います。この仕事で重要なのは、やはりスピード、機動力ですね。建設計画をいち早くキャッチし、他社に先駆けて最適なタイミングで提案できれば、受注できる可能性は大きく高まります。もちろんすでに他社が入っている施工現場であっても、粘り強くアプローチして「お客様が何か困っていることがないか」を探り、追加受注や入れ替え受注を狙います。
最も印象に残っている仕事は、入社1年目の年末に受注した大型医療施設の建設プロジェクトです。非常に大規模な現場だったので競合他社のアプローチも激しかったのですが、最低でも週4日ペース、場合によっては1日に複数回訪問するなど、足繁く通い詰めた結果、熱意と提案内容が評価され一括受注をいただくことができました。地域の人々の健康的な暮らしに貢献する公共性の高い施設でもあり、竣工が本当に待ち遠しいですね。

熱意と提案が評価され大型案件での一括受注に成功

失敗を恐れず、常に100%の力で挑戦し続けたい

私は営業職としてはまだまだ未熟であり、営業スキルはもちろん機械や建設現場に関する知識など、学ばなければならないことがたくさんあります。経験豊富な上司の方々は、それぞれの工事現場で「どのような問題が生じやすいか」「どんな解決方法があるか」などをよく分かっているので、お客様の状況に応じて適確な提案ができます。自分も早くそうした知識やノウハウを身につけて、アクティオならではの「レンサルティング®」を武器に、大型案件を数多くこなせるようになりたいですね。
もちろん、そのためには、より多くの現場を廻り、いろいろなお客様にアプローチしながら、経験を積み重ねることが重要です。スキル不足、知識不足によるミスはあるかもしれませんが、受け身の姿勢では成長できないので、失敗を恐れず、何事にも100%の力で挑戦することで、自ら道を切り拓いていきたいと思います。

一日のスケジュール

07:30
出勤、まずはメールをチェック。お客様から来ている連絡をチェックし、朝礼までに一日のスケジュールを立てます。
08:15
朝礼。営業所の皆さんと元気にあいさつを交わし、気持ちよく一日のスタートを切った後、外出までの間にメールの返信やその他の事務処理をこなします。
10:00
営業車でお客様の現場へ。現場の状況をきちんと把握し、次の工程で必要な建機を追加発注いただけるよう、頭をフル回転させてヒアリング。
12:00
現場の昼休みに合わせてお昼をとります。午後からエリア内の新しい建設現場へ飛び込み営業をするため、元気をチャージ。
17:30
営業所に帰ります。現場でご要望をいただけた場合は、この後に見積もりの作成に取り組むことも。

OFF TIME

大学時代まで毎日野球に明け暮れていたので、今でも休日には野球やスポーツ観戦をして過ごすことが多いですね。東京支店の野球チームに参加していますが、アクティオには野球経験者や野球好きの人が多いので、つい試合に熱が入ってしまいます(笑)。さまざまな職種・年代の人が集まるので、普段なかなか会う機会がない人たちと交流を深め、人脈を広げられるのも楽しみのひとつです。

先輩紹介トップへ先輩紹介トップへ

  • 営業営業
  • 技術技術
  • 整備整備
  • 事務事務

ページの先頭へページの先頭へ