「技術」お客様のニーズに応える建機の設計・製作でレンサルティング®を実践しています。「技術」お客様のニーズに応える建機の設計・製作でレンサルティング®を実践しています。

エンジニアリング事業部 シールドメンテナンス課

渡邉 雄介
2014年入社

業種・職種よりも社風に着目して会社を選ぶ

大学では機械工学を専攻し、修士課程では金属材料と接合技術について研究しました。就職に際しては、業界や職種よりも社風を重視して活動を進めました。これから長く勤めることを見据えて、自分にとって働きやすい環境の会社を選ぼうと考えたのです。その点、アクティオは、業界トップの大きな会社でありながら、大企業にありがちな堅苦しさがなく、説明会や面接の場でも自由闊達な雰囲気を感じました。また、説明会で災害復興などにも携っていることを知り、社会貢献度の高い企業であることを実感しました。日本列島に暮らす以上、私たちは今後も大規模な地震に襲われることを覚悟しなければなりません。そんな災害が発生した時に、困っている人々の役に立てる会社で働きたいと考え、入社を決意しました。

業種・職種よりも社風に着目して会社を選ぶ

通常の2倍の高耐圧条件に対応した
流体輸送設備を開発

私の所属するエンジニアリング事業部は、さまざまな現場のニーズに対応して、機械設備の多機能化やカスタム開発などに取り組んでいます。いわば営業部門と連携してアクティオの「レンサルティング®」を実践する技術部門でもあります。私は、その中でもシールドメンテナンス課において、主にシールド工事(トンネル工事)に用いられる流体輸送設備の設計・製作に携わってきました。これは、シールドマシンで掘り進めた際に発生する土砂に水を加え、流体にして地上へと輸送する設備です。工事現場の地形や地質、掘削条件などによって、使用する機械の種類や配管などが異なるため、それぞれのお客様のニーズに合わせた最適の機器構成を提供する必要があります。
最も印象的だったのは、通常の約2倍の高耐圧条件で用いられる流体輸送設備を新たに設計・製作したことです。万が一、圧力に耐え切れず破断したりすると人命にも関わるので、機械本体に使用する鋼材の選定や厚みの決定など、強度計算を繰り返しながら設計を進めました。途中いろいろな課題に直面しましたが、最終的に無事に各種試験をクリアした時には、安堵感と同時に大きな達成感が湧いてきました。

通常の2倍の高耐圧条件に対応した流体輸送設備を開発

オールラウンダーの技術者として
新たな機械開発に挑む

最近では、シールド工事以外の新しい機械設備を設計・製作する仕事も増えています。その中には、原子力発電所の廃炉作業で用いられている特殊な機械や、建設会社が実用化を進めている新しい工法に対応した実験装置などもあります。このように、レンタル会社という枠を超えて、さまざまな最先端機械設備の開発に携わるチャンスが多いのも、業界最大手として幅広い事業を展開しているアクティオの特色だと思います。
今後は、機械設計の分野はもちろん、電気系や制御系の技術、さらには設計後の機械製作に関する技術・知識なども積極的に身につけていきたい。もちろん、社内にはそれぞれの分野の専門エンジニアが在職しているのですが、彼らとより確実に擦り合わせを行うためにも、自分自身の技術の幅を広げていくつもりです。そして、オールラウンダーのエンジニアとして、いろいろな機械装置を自分の力で開発・製作できるようになりたいと考えています。

一日のスケジュール

07:40
出勤。製作をお願いするエンジニアへの依頼内容を整理しておきます。
08:15
朝礼の後、部内でミーティングをして一日の仕事内容を確認。その後は工場と設計室を往復しながら、機械の製作進捗・品質の確認や設計作業を進めます。
12:00
昼休憩。近所のラーメン屋さんを開拓。
14:00
「現場に新たな課題が出てきた」と連絡があったゼネコンさんとの打合せに向けて、出発。
17:30
作業書の管理や部品発注等の事務作業の後、帰宅。納期が近い機械がある場合は、設計を進めておくことも。

MESSAGE

もし皆さんが、将来「モノづくり」の仕事をしたいと考えているなら、普段から身の回りのいろいろなモノの構造や材質などを理解するように習慣づけて欲しいと思います。それは複雑な機械だけでなく、例えば部屋のドアノブの構造だったり、座っている椅子の昇降機構であったり、カーテンレールのスライドする仕組みなどでも良いのです。将来、機械を設計・製作する立場になった時、そうした一つひとつのモノに対する理解がアイデアとして活かせるはずですから。

エンジニア採用について

現場によって異なるお客様のニーズに応え、
最適な機械や工法を提案する
「レンサルティング®」の実現には
エンジニアの存在が欠かせません。
そんなエンジニアの仕事内容と、
先輩社員について紹介します。

READ MOREREAD MORE

先輩紹介トップへ先輩紹介トップへ

  • 営業営業
  • 技術技術
  • 整備整備
  • 事務事務

ページの先頭へページの先頭へ